P34:圧力センサー

プロジェクト34:圧力センサー

概要

以前のプロジェクトでは、温度、光、音、ガスなどさまざまなセンサーで検出されたさまざまな外部情報を学習しました。 さて、キーストーンの薄膜圧力センサーとmicro:bitを使用して外部応力を検出しましょう。 micro:bitLEDマトリクスまたはシリアルモニタに圧力のアナログ値を表示します。

使用するキット
·micro:bitメインボード× 1
·KeyStudiomicro:bitセンサーV2シールド× 1
·USBケーブル× 1
·keyestudio薄膜圧力センサー× 1
·ジャンパーワイヤー× 3

キットの説明

薄膜圧力センサー

このセンサーは、超薄型フィルムパッドを備えた柔軟なナノ感圧材料を採用しています。 防水性と耐圧性に優れています。
センサーが外圧を検出すると、センサーの抵抗が変化します。 その後、回路を介して電圧変化に抵抗変化を変換することができます、それを信号の終わりに出力します。
このようにして、信号変化を検出することによって圧力変化の条件を得ることができます。

仕様

  • 範囲:0〜10KG
  • 使用電圧:DC 3.3V〜5V
  • 厚さ:<0.25mm
  • レスポンスポイント:<20g
  • 繰り返し精度:±5.8%(50%負荷)
  • 精度:±2.5%(レンジ間隔85%)
  • 耐久性:> 10万回
  • 初期抵抗:>100MΩ(無負荷)
  • 応答時間:<1ms
  • 回復時間:<15ms
  • 作業温度:-20℃-60℃

接続例

micro:bitをkeyestudio micro:bit sensor V2シールドに挿入します。 次に、圧力センサーをシールドに接続します。 信号ピンをアナログP0に接続します。

プログラミング例

プログラムの結果

配線を終えて電源を入れ、上記のコードをmicro:bitに送ってください。

センサーの薄いパッドをほとんど押さえずに、P0信号ピンのアナログ値を読んでください。 圧力が大きいほど値は大きくなります。

キットのご購入はこちら

micro:bit shop

https://microbit.buyshop.jp/items/13284200