P33:蒸気センサー

プロジェクト33:蒸気センサー

概要

このレッスンでは、蒸気センサーとmicro:bitを使用して空気中の蒸気量を検出する方法を学習します。 アナログ値をmicro:bitLEDに表示します。

使用するキット
·micro:bitメインボード× 1
·KeyStudiomicro:bitセンサーV2シールド× 1
·USBケーブル× 1
·keyestudio蒸気センサー× 1
·ジャンパーワイヤー× 3

キットの説明

蒸気センサー

蒸気センサーはアナログセンサーで、簡単な雨水検知器や液面スイッチとして使用できます。
このセンサーの感知領域の水分が上昇すると、信号終端の出力電圧が上昇します。

仕様

  • 使用電圧:3V〜5V
  • 動作電流:<20mA
  • 使用温度:-10℃〜+ 70℃
  • インターフェイスタイプ:アナログ信号出力
  • サイズ:36mm x 20mm

接続例

micro:bitをkeyestudio micro:bit sensor V2シールドに挿入します。 次に、蒸気センサーをシールドに接続します。 信号ピンをアナログP0に接続します。

プログラミング例

プログラムの結果

配線を終えて電源を入れ、上記のコードをmicro:bitに送ってください。

P0信号ピンのアナログ値を読み出します。 空気中の蒸気含有量が高いほど値は大きくなります。

キットのご購入はこちら

micro:bit shop

https://microbit.buyshop.jp/items/13284200