P31:水位センサー

プロジェクト31:水位センサー

概要

この実験では、水センサーとブザーモジュールを使用して容器の水位を検出します。レベルを超えるとブザーは警報を発するようにします。

使用するキット
·micro:bitメインボード× 1
·KeyStudiomicro:bitセンサーV2シールド× 1
·USBケーブル× 1
·keyestudio水センサー× 1
·keyestudioデジタルブザーモジュール× 1
·ジャンパーワイヤー× 3

キットの説明

水位センサー

水センサーは使いやすく、持ち運びができ、費用対効果が高く、水位と水滴を識別して検出するように設計されています。 この小さなセンサーは、露出した平行線に水滴または水量を測定することができます。

特徴

  • 低消費電力と高感度。
  • 製造プロセス:FR4両面錫メッキ
  • 形状設計:アンチスキッド半月凹部

仕様

  • 動作電圧:DC5V
  • 動作電流:<20mA
  • センサタイプ:アナログ出力
  • 検出領域:40mm×16mm
  • 作業温度:10℃-30℃
  • 作業湿度:結露のない10%〜90%
  • 寸法:65mm x 20mm x 8mm

接続例

micro:bitをkeyestudio micro:bit sensor V2シールドに挿入します。 その後、ブザーと水センサーをkeyestudio micro:bit、センサーシールドに別々に接続します。

プログラミング例

プログラムの結果

配線を終えて電源を入れ、上記のコードをmicro:bitに送ってください。
信号の戻り値を読んでください。 水位が高いほど値は大きくなります。 アナログ値が400を超えると、モジュールのブザーがアラームを鳴らします。

キットのご購入はこちら

micro:bit shop

https://microbit.buyshop.jp/items/13284200