P24:音センサー

プロジェクト24:音センサー

概要

このレッスンでは、音センサーモジュールをmicro:bitのP0に接続し、P0のアナログ値を読み取って外部サウンドを検出します。
外部音が大きいほど、アナログ値は大きくなります。
アナログ値がmicro:bit LEDマトリクスに表示されているか、Arduinoソフトウェアのシリアルモニタから確認できます。

使用するキット
·micro:bitメインボード× 1
·KeyStudiomicro:bitセンサーV2シールド× 1
·USBケーブル× 1
·keyestudioアナログサウンドセンサー× 1
·ジャンパーワイヤー× 3

キットの説明

アナログ音センサーモジュール

このアナログ音センサーモジュールは、通常、周囲の音を検出する際に使用されます。 ボイススイッチなどのインタラクティブな装置を作成するために使用することができます。受信感度はモジュールのポテンショメータを回して調整してください。

仕様

  • 電源電圧:3V〜5V
  • インターフェース:アナログ
  • サイズ:30 × 20ミリメートル

接続例

micro:bitをkeyestudio micro:bit sensor V2シールドに挿入します。 次に、アナログサウンドモジュールをkeyestudiomicro:bit・センサーシールドに接続します。 次の図のように表示されます。

プログラミング例

プログラムの結果

配線を終えて電源を入れ、上記のコードをmicro:bitに送ってください。

音声の値が128より大きい時に大きなハートアイコンが、それ以外は小さなハートアイコンが表示されます。

キットのご購入はこちら

micro:bit shop

https://microbit.buyshop.jp/items/13284200