拡張ボードを使ってmicro:bitで液晶画面LCD1602に情報を表示する

micro:bitで5Vの機器を使いたい

micro:bitは3Vしか出力できないため、通常では5Vの機器を使うことができません。そこで拡張ボードの5V出力できる端子を使い、I2C接続した液晶画面LCD1602にmicro:bitから収集した「温度」と「ピッチ」の情報を表示させています。

動作の様子

サンプルプログラム

 

解説

LCD1602をJavaScriptEditorで使用するために、I2C LCD1602パッケージをを使用しています。
エディタの「パッケージを追加する」から、こちらのURLをコピペして検索し追加してください。

URL: https://github.com/microbit-makecode-packages/i2cLCD1602

I2C LCD1602パッケージ提供ページ

使用パーツ

拡張ボード

はんだ付けが面倒な方はこちら、、、